禅定税理士事務所

大阪府大阪市福島区海老江7-3-4

06-6453-3137

禅定税理士事務所よくあるご質問>満期保険金を受け取った場合、税金がかかりますか?

よくあるご質問

禅定税理士事務所へのよくあるご質問を掲載しています。
ご不明な点などはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

満期保険金を受け取った場合、税金がかかりますか?

生命保険の満期保険金を受け取った場合、その受け取った保険金は一時所得として所得税の課税対象となるため、確定申告をする必要があります。

しかし、受け取った満期保険金の額にそのまま所得税が課税されるわけではありません。
課税される所得金額は以下の計算方法で算出します。(平成19年3月現在)

{(満期保険金-既払込保険料)-50万円}×1/2=所得金額

上記の式で算出した所得金額から所得控除を引いた残額に税率をかけた金額が、所得税額となります。

逆に言えば、受け取り満期保険金の金額から払い込んだ保険料を引いた金額が50万円を超えなければ所得税はかかりません。

ただし、上述の事項は満期保険金の受取人と保険料を払い込んだ方が同一人の場合に限ります。保険金受取人と保険料負担者が異なる場合は贈与税の対象となり、課税方法がかわってきます。また、一時払いの養老保険の満期保険金で一定条件のものも、源泉分離課税の対象となり課税方法が変わってきます。


税理士顧問料について

禅定税理士事務所ではお客様の経営状態・会社の規模により様々な価格設定を致しております。
また、常にお客様のニーズにより価格・内容の見直しをし、ご期待に添える様 対応致しております。

ご不明点やご相談はTEL・FAX・メールにてお気軽にお問い合わせくださいませ。もちろん、無料にてお見積させて頂きます。


その他のご質問一覧へ